リアルタイム/マルチタスクシステムでの開発において役立つノウハウを学習します。

組み込み

リアルタイムOSの応用

概要 リアルタイム/マルチタスクシステムでの開発において役立つノウハウを学習します。
リエントラント、アトミックアクション、デッドロック、優先度逆転現象、などを学習します。
組み込みシステムでのデバッグ方法を講義を通して学習します。
タスクスケジューリング技術の基礎を学習します。
期間 2日間
対象 リアルタイムOSの基礎を受講済みの方。もしくは同等の知識・スキルをお持ちの方。

タイムスケジュール

日 程 時 間 カリキュラム内容 備 考
1日目 AM マルチタスクシステムとは 「リアルタイム/マルチタスクシステムの徹底研究」
Cによる抽象化プログラミング-抽象データ型の利用  
PM バグの箇所を探る多重障害検出手法  
プロセスの優先順位逆転を防ぐ方法  
2日目 AM リアルタイムアプリケーションに要求される時間的制約とは  
ハードリアルタイム処理を実現するための理論と手法  
PM リアルルタイムスケジューリング法の詳細  
スケジュール可能性を判定する理論と手法  

お問い合わせ

組み込み一覧に戻る

スキルブレインの研修サービス

  • Linux
  • Java/.NET
  • 資格取得
  • セキュリティ
  • 組み込み
  • ヒューマンスキル
  • イベント情報
  • お問い合わせ
  • LPIC eラーニング
PEARSON

ページの先頭へ戻る