Linuxサーバを構築・運用していく際に、必須となるセキュリティ対策・強化手法を習得します。外部からの脅威の分類、攻撃の種類を把握し、その目的に応じた各サーバの基本的なセキュリティ対策等を理解、習得します。

Linux

Linuxサーバーセキュリティ構築実践

概要 Linuxサーバを構築・運用していく際に、必須となるセキュリティ対策・強化手法を習得します。外部からの脅威の分類、攻撃の種類を把握し、その目的に応じた各サーバの基本的なセキュリティ対策等を理解、習得します。
期間 3日間
対象 Linuxを利用したインターネットサーバーの運用管理業務に携わられる方

タイムスケジュール

日 程 カリキュラム内容 備 考
1日目 セキュアサーバーのクイックセットアップ
 ・CentOSのインストール
 ・セキュリティのクイック対応
ファイルシステムのセキュリティ
 ・ACL
システムログの監視
 ・システムログの管理
 ・ログの監視
セキュリティチェックと侵入検知
 ・Tripwire
 ・Rookkit Hunter と fail2ban
2日目 Webサーバーのセキュリティ
 ・Apacheの基本
 ・Apacheの安全な設定と運用
 ・ユーザー認証とホストベースのアクセス制御
 ・メールサーバーのセキュリティ
DNSサーバーのセキュリティ
 ・より安全なBINDの設定運用
メールサーバーのセキュリティ
 ・安全なPostfixの設定
 ・POP/IMAP
3日目 FTPサーバーのセキュリティ
 ・FTPの基本
 ・vsftpの設定
SELinux
 ・SELinuxの概要
 ・SELinuxの設定
ネットワークのセキュリティ
 ・ファイヤウォール

お問い合わせ

Linux一覧に戻る

スキルブレインの研修サービス

  • Linux
  • Java/.NET
  • 資格取得
  • セキュリティ
  • 組み込み
  • ヒューマンスキル
  • イベント情報
  • お問い合わせ
  • LPIC eラーニング
PEARSON

ページの先頭へ戻る